2010年05月30日

5月30日の販売野菜

201005301231000.jpg

◆すべて完全無農薬栽培です◆
豌豆 一袋(150g)100円
スナップ豌豆 一袋(100g)100円
小松菜 一束(200g)100円
リーフレタス 一束(150g)100円
ラディッシュ(赤丸二十日大根) 一束(五個)100円
アイシクル(白長二十日大根) 一束(五個)100円
チンゲンサイ 一束(250g)100円


干椎茸 一袋30g 300円
posted by makisato yuyu club at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の露地売り

2010年05月29日

5月29日の販売野菜

5月29日の販売野菜
◆すべて完全無農薬栽培です◆
エンドウ豆 一袋(150g)100円
スナップエンドウ 一袋(100g)100円
小松菜 一束(200g)100円
リーフレタス 一束(150g)100円

干椎茸 一袋30g 300円
posted by makisato yuyu club at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の露地売り

2010年05月27日

引き続き、ぷちガレージセール開催中

二日目はお天気が今イチだった陶器市も終わり、
藤野町内も少し静かになりました。

異常気象の走りの如き、
梅雨の走りの如き、
寒い雨天、ムワっとした雨天、
ヂリヂリ〜っと暑い夏日が入り乱れ、
露地売り野菜も、
ちょっと置くのが心配な お日和続き。

悠遊倶楽部の棟前で開いている、
週末ぷちガレージセールもしかりで、
お天気のご機嫌を伺いながらの出店です。


そこで、今週から、
棟内に入って左側のスペースに、
常設でガレージセールを広げてみました。



小出しにやっておりますが……よろしければ、
からかいに覗いてやってください (^^)ノ

お安くします〜、
値切りをお愉しみください〜。
         
posted by makisato yuyu club at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 催事

2010年05月24日

新しい『布わらじ』 入荷しました



布わらじの感触が足に嬉しい季節になりました。

悠遊倶楽部でも、
気温の上昇と共に、布わらじの人気も急上昇。

ぐるっと陶器市では、
牧郷豆の会が、
中村藤平さんの庭先で出店を開きました。
布わらじも置いていただいたのですが、
あっという間に完売とあいなりました。

とても嬉しいことです。


そして、
在庫数が淋しくなったな〜、
と、思っていたら、
制作者の佐藤タケ子おばあちゃんから、
新しい布わらじが届きました。

今まで置いていた、
白と水色のカラー組み合わせの他に、
黒やブルーがキリっとしつつも、
ビビッドな花柄の鼻緒が組み合わされたものなど、
涼しげ、かつ、
とても元気な色合いの新作です。

その時々に、
タケ子さんの手元に集まった布から、
様々な彩りと雰囲気が醸し出されます。

ひとつとして同じ物のない布わらじ、
愛しい手仕事です。


しっかりと足指と足裏の力を養いながら、
元気に夏を過ごすアイテムとして、
布わらじをおすすめいたします〜。


一足700円です。




◎芯がビニ紐の布わらじは、
 洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っていただけます。

◎今回 入荷した布わらじの中で、
 ギュっと指で触ってみて、堅い感触のものは、
 芯に「麦わら」を入れて作られたそうです。
 麦わら芯の布わらじは洗えませんので、
 ご了承くださいませ。


ビニ紐芯の布わらじは
「強靭で長持ちする・洗濯機で洗える」、
麦わら芯の布わらじは
「通気性に富む」、
という、
それぞれの持つ特質があります。

どうぞ、
お好みと使い方に合わせてお選びくださいませ。




●おねがい●

タケ子おばあちゃんが、
布わらじを作るための布地を募集しています。
シーツ、タオル、洋服、浴衣など、
比較的きれいで、
擦り切れていない部分の多い、
捨てるつもりの布地がお手元にありましたら、
ぜひ、ご寄付くださいませ。

布地をご提供くださったかたには、
タケ子おばあちゃんの布わらじを、
一足につき50円引きで販売させていただきます。

どうか、よろしくご協力くださいませ。

     
posted by makisato yuyu club at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 物品紹介

2010年05月22日

『牧郷の竹炭シューズキーパー』



しばらく欠品しておりました、
牧郷 豆の会の竹炭を詰めたシューズキーパー、
ようやく制作を再開いたしました。

悠遊倶楽部に、
少しずつですが並びはじめています。

デザイン、竹炭チップの大きさ、詰め方を見直し、
価格も500円に改正いたしました。

見て愉しく、
使って心地良く便利なものへと、
これからも少しずつ、
作りを精進してゆきたいと思っています。

posted by makisato yuyu club at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 物品紹介

2010年05月08日

『牧郷豆の会 地粉』

連休中、牧郷豆の会が、
神奈川カントリーで出店されていました。

季節の山菜や野菜の他、
竹炭や地粉を出していましたが、
「地粉とは何ですか?」ト、
訊かれるお客様が多かったとのこと。

会長氏に、
「小麦粉って言葉を、値札に加えてよ!」
と、指示され、
慌ててPOPを作り直した次第です。


さて、
そんな『牧郷 豆の会の地粉』も、
リピートでお求めになるお客様が増え、
油断すると袋詰めの在庫がゼロになり、
お客様に平謝りすることも、多々……。


そして、
倉庫の玄麦の在庫の見ると、
残り玄麦は30kg袋の半分弱。

売れ行きの良さを物語っており、
ありがたいの一言に尽きます。




麦も豆類も、
「前年の収穫物を梅雨越しするな」
というのは、
無農薬品に限らず、
生きた命を美味しくいただくために、
とても大事な言葉ですが、
特に、
無農薬、無ポストハーベストの農産品は、
この、ごく自然の決まり事が重要です。

温度・湿度管理のされた倉庫や、
殺虫剤、防カビ剤のない時代、
命をきちんと頂き切ることを教えた、
簡便な言葉であると思います。


春先、
気温と湿度が高くなってくると、
特に無農薬の麦は虫やカビの御馳走になり、
どうしても、
虫やカビを呼んでしまいます。

無農薬が自慢の『牧郷 豆の会 地粉』を
お求めになったお客様、
梅雨越しして保存されるようでしたら、
どうか、きっちりと密封して、
冷蔵庫で保存されてください。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



さて、
昨年収穫の玄麦が無くなりそうで、
今年の麦秋が気になるところです。

現在、
牧郷豆の会のサイトでは、
青々と元気に育つ麦畑の写真が掲載されています。

『牧郷豆の会 ようこそ豆の会へ』

http://www6.plala.or.jp/mrng/


う〜ん、素敵な麦草の緑……。
今期も、
たくさんの粉挽きができると嬉しい〜。


[Rie,H]

posted by makisato yuyu club at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆の会 産物情報

2010年05月03日

ぷちガレージセール

連休も残りわずかになりましたが、
悠遊倶楽部の屋外で、
ちょこっとだけ品物を並べて、
『ぷちガレージセール』をしています。

連休中の午後に開いておりますので、
ひやかしに覗いていただけましたら幸いです。


 * * * * * * * * * * * * *


豆の会の産物は、季節の味いろいろ。


エシャロット、のびる、こごみ 各200円。

お馴染みの地粉(中力粉の小麦粉)
500g 300円。
地粉の全粒粉
300g 200円。

津久井在来種大豆で仕込んだ牧郷味噌
300g 300円。

牧郷の竹を焼いて作った竹炭を詰めたパック、
200g 300円。
割れ竹炭のお徳用パック、
200g 200円。

ふじづるのリース 500円。

その時々に穫れる野菜など、
お出ししております。

    
        
posted by makisato yuyu club at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ