2010年04月22日

ノビル(ノビロ)の料理

昨日は夏日だったというのに、
今日は薄ら寒い雨もよい。

このお天気で、身体にとって大切な野菜は高騰、
海流変調の影響で魚も影響が出てきており、
台所事情が厳しい日々が長引きそうですね。


そんな中、
悠遊倶楽部の露地売りでは、
その時々の野菜を週末にちょこっとと、
野の恵をお出ししている日があります。

野草や雑草は、意外と栄養豊かで、
美食家で成人病一杯の方には、
薬代わりの野菜とも云えるでしょうか。


特に、
ノビル(ノビロ/野蒜)は元気の素として、
活躍してくれる野草です。

ニラとエシャロットの中間的な野草で、
ぬるっとした葱的な風味もあり美味ですね。
ビタミンCが多く、
身体を温める作用があり、
胃腸の働きを整える野草です。

球根の部分だけでなく、葉も一緒に食べましょう。

ノビルの料理を少しばかり、ご紹介いたします。


『ノビル醤油』

ノビルをきざみ、ひたひたの醤油に漬けるだけ。
翌日から美味しい薬味としていただけます。
一昨年あたり『ニラ醤油』が流行りましたが、
それに準じた使い方ができます。

冷や奴や野菜サラダにかけたり、
チャーハンの隠し味にしたり。
納豆に混ぜたり。
ちょこっとゴハンに盛ったり。

香りが良く、食が進みます。

中華風にしたい場合は、
醤油、胡麻油、ゴマ、
甘口がお好きな方は、
煮切り味醂(または煮切り紹興酒)を少し混ぜ、
刻んだノビルをひたひたに浸して使います。

餃子のタレに混ぜたり、
具に混ぜても美味しいです。

このノビル醤油で、
明日葉と人参のチャーハンを作りましたが、
ウマウマでしたぴかぴか(新しい)


『ノビルの酢味噌』

ノビルを、さっと湯がき、
酢味噌で和えるだけ。
和からしや柚子こしょうを少し加えると、
酒の肴にぴったりです。


『ノビルの味噌炒め』

刻んだノビルを、油で、
味噌、味醂(または砂糖)と一緒に弱火で炒め、
ねっとりとテリが出たら、
いり胡麻を混ぜて出来上り。

おかず味噌にしたり、
まるごと蒸した玉ねぎや野菜スティックの、
つけ味噌にすると美味しいです。


『ノビルの天ぷら』

野草の天ぷらは春の王道ですが、
ノビルも然り、です。

ノビルをそのまま天ぷらに。
または、
刻んで、桜海老や玉ねぎなどと一緒に
「かき揚げ」にすると美味しいです。

ノビルのみじん切りを混ぜた揚げ玉を作って、
冷凍しておくと、
うどんやそば、汁物の添えに重宝します。



お正月明けに七草を食べることもあるように、
野草には、
身体の働きを整えるものが多いので、
今春のように、
不安定な天候が続いて体調を崩しがちな時、
ちょっと野草を食卓に乗せることも、
大変良い自然の恵のいただきかたでしょうか。


葛の芽先、
クローバーやアカツメクサの葉、
ノカンゾウの葉、なども、滋養になります。

そんな、
野草の美味しさや料理もご紹介できる時に、
したいと思っています。

[Rie,H]
 
posted by makisato yuyu club at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37315484

この記事へのトラックバック