2013年12月01日

牧郷豆の会『梅干し』と『牧郷味噌』できました

牧郷豆の会 謹製『梅干し』と『牧郷味噌』が出来ました。
悠遊倶楽部の棟内で販売しております。
梅干し、お味噌、共に悠遊倶楽部で試食できます。

今年の梅干しは、なんと!減塩7%の仕立て。
すっぱくない&しょっぱくない、
柔らかくて優しい味の梅干しに干し上がっております。
蜂蜜をかけたら、甘ずっぱいおやつになりそう……美味々々。
DSCN0417.JPG

 ●牧郷梅干し 値段●
  300g:500円
  500g:700円
  700g:1,000円


今年の夏〜秋に、
悠遊倶楽部の横で梅干しを干しながらひっくり返している、
勤勉な誰かさんの姿を目撃された方も多いかと思います。
その丁寧な作業が味に出ていますよ〜。

  *  *  *  *  *

津久井在来種大豆と相模の米麹、天塩だけで仕込んだ牧郷味噌。
只今、2011年仕込みの味噌を販売しております。
DSCN0415.JPG

 ●牧郷味噌 値段●
  500g:500円
  1kg:1,000円


朝晩の冷え込みが冬を感じさせる季節となり、
「陽」の食材であるお味噌の機能もありがたい時季です。
田舎味噌のコクが美味しい牧郷味噌で、身体を温めてください〜!


  *  *  *  *  *

『津久井在来種 大豆』も、500gの袋詰めが出来ました。
選別が少し甘い目なので30〜50gほど多めに詰めています。
DSCN0418.JPG

 ●津久井在来種大豆 値段●
  500g:400円



以上、牧郷豆の会情報でした。
 
posted by makisato yuyu club at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆の会 産物情報

2011年05月01日

本日も開館

牧郷 悠遊倶楽部は、本日も13時頃より開館しております。

夕方18時からは、
『藤野くさびらの会』ミーティングのため、
販売は終了し、倶楽部貸し切りとなります。
ご了承ください。



さて、
現在、残念なことに野菜の端境期で、
豆の会の露地売り野菜がないのですが、
季節の山菜『こごみ』を販売しております。

こごみは、あっさりしたクセのない山菜で、
独特のぬめりと、しゃっきりした歯触りが魅力です。

さっと塩ゆでし、

・白あえ
・刻んでオムレツの具にする
・梅肉あえ
・かつを醤油をかけて
・練り物と一緒に軽く煮浸し
  (醤油・味醂などで味付け)

……etc. 色々な料理に使えます。


こごみの他、現在は以下の産物を販売しております。

◇地粉◇

 ●地粉(中力粉の小麦粉)……500g:300円
 ●春よ恋(国産品種パン用強力粉)……1kg:600円
 ●全粒粉(中力粉)……300g:200円


◇乾物◇

 ●津久井在来種大豆(無農薬)……500g:500円

 ●切干大根(天日干し・無農薬栽培大根使用)……70g:700円
 ●干し椎茸(原木栽培・天日干し)……15g;300円



◇手作り味噌◇

 ●『牧郷味噌』(無農薬栽培 津久井在来種大豆使用/塩と麹のみで仕込み)
     ……500g:500円 / 1kg:1,000円 


牧郷味噌と、津久井在来種大豆は試食していただけます。
大豆は、豆の旨味が良く判るよう、
シンプルな塩味の煮豆を試食用に準備いたしました。
甘みと、ふくよかな旨味の濃い美味しい大豆です。
どうぞ、お気軽にお声をお掛け下さい。



その他、いつもの手作りの品々も揃っております。
これからの季節にぴったりの、

『かつえさんの麻バッグ/サマーヤーンの手編みバッグ』
              1.000〜2,000円
『タケ子さんの布わらじ』 700円

『麻江さんのパッチワークキルト』 100〜2,000円
『豆の会の竹炭で作ったシューズキーパー』 500円
『日々工房アマドコロの手作りせっけん』 350〜600円


などなど。

どうぞ、覗きにいらしてください。

     
posted by makisato yuyu club at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆の会 産物情報

2010年05月08日

『牧郷豆の会 地粉』

連休中、牧郷豆の会が、
神奈川カントリーで出店されていました。

季節の山菜や野菜の他、
竹炭や地粉を出していましたが、
「地粉とは何ですか?」ト、
訊かれるお客様が多かったとのこと。

会長氏に、
「小麦粉って言葉を、値札に加えてよ!」
と、指示され、
慌ててPOPを作り直した次第です。


さて、
そんな『牧郷 豆の会の地粉』も、
リピートでお求めになるお客様が増え、
油断すると袋詰めの在庫がゼロになり、
お客様に平謝りすることも、多々……。


そして、
倉庫の玄麦の在庫の見ると、
残り玄麦は30kg袋の半分弱。

売れ行きの良さを物語っており、
ありがたいの一言に尽きます。




麦も豆類も、
「前年の収穫物を梅雨越しするな」
というのは、
無農薬品に限らず、
生きた命を美味しくいただくために、
とても大事な言葉ですが、
特に、
無農薬、無ポストハーベストの農産品は、
この、ごく自然の決まり事が重要です。

温度・湿度管理のされた倉庫や、
殺虫剤、防カビ剤のない時代、
命をきちんと頂き切ることを教えた、
簡便な言葉であると思います。


春先、
気温と湿度が高くなってくると、
特に無農薬の麦は虫やカビの御馳走になり、
どうしても、
虫やカビを呼んでしまいます。

無農薬が自慢の『牧郷 豆の会 地粉』を
お求めになったお客様、
梅雨越しして保存されるようでしたら、
どうか、きっちりと密封して、
冷蔵庫で保存されてください。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



さて、
昨年収穫の玄麦が無くなりそうで、
今年の麦秋が気になるところです。

現在、
牧郷豆の会のサイトでは、
青々と元気に育つ麦畑の写真が掲載されています。

『牧郷豆の会 ようこそ豆の会へ』

http://www6.plala.or.jp/mrng/


う〜ん、素敵な麦草の緑……。
今期も、
たくさんの粉挽きができると嬉しい〜。


[Rie,H]

posted by makisato yuyu club at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆の会 産物情報

2010年04月15日

干し椎茸 できました

豆の会会長 実さんが栽培した、
椎茸を天日干しして仕上げました。

完全天日干しの『干し椎茸』です。
30g/300円です。

ちょっと安すぎるかな〜(^^;)

生椎茸の時は、肉厚でモチっとした食感。
椎茸ステーキにしたらウマウマでした。


こうして天日と風でジワジワ干しまして……


カラリと薫りよい干し椎茸の出来上り。

この干し椎茸で筑前煮を作ってみましたが、
なかなかの味わいでした。


最近の市販の干し椎茸は、
熱風乾燥がほとんどで、
全行程が天日干し、というのは、
値段もお高くなっていますね。

お日様を浴びないと、
椎茸の有効成分として有名なビタミンDも、
増えません。

生の椎茸も、30分でもお日様にあてれば、
だいぶんビタミンDが増えるので、
余裕がある時には、大事な一手間で、
ちょこっと干してみてくださいね。

posted by makisato yuyu club at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆の会 産物情報

2010年01月26日

露地野菜売りは しばらくお休みです

牧郷豆の会による露地野菜売りは、
冬野菜の収穫が終了したため、
次の収穫期までお休みとなります。

しばらくの間、
牧郷豆の会の産物は、
悠遊倶楽部棟内においての、
「地粉」
「大豆」
「切干大根」
の、販売のみになります。

よろしくお願いいたします。



[Rie,H]
posted by makisato yuyu club at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆の会 産物情報

2010年01月13日

ぼちぼち開館しております

松もとれて一週間余り。

悠遊倶楽部も、
相変わらず不定期ですが、
のんびりと動き出しています。


この時季、棟内では、
豆の会の健康産物が並んでおります。

季節柄、
特に、体を温める力のある食材、

 ●切干大根(完全天日干) 50g:200円
 ●大豆(津久井在来種) 500g:400円

この2点がおススメです。
大根も大豆も無農薬栽培で安心(^^)

切干大根は、
お陽さまのエネルギーを一杯吸収して、
甘く香りよい干し上がりです。

悠遊倶楽部へ遊びに来た近隣の少女達が、
干し上がった切干大根を食べて、
「あまい〜、おいしい〜、お菓子みたい!」
ト、はしゃいでいました。

大根&油揚げと一緒に炊き上げる煮物の他、
お味噌汁に(ダシがよく出ます)、
酢の物に、素揚げに、ご活用ください。


少女達が食べたように、
そのままで食べても、意外な美味しさ。




キーンと底冷えする毎日が続いております。

悠遊倶楽部の前を通られた折り、
棟内の明かりが見えましたら、
どうぞ、
お茶を飲みにお寄り下さい。
しばし体を温めて行って下さいね〜。

[Rie,H]
   
posted by makisato yuyu club at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆の会 産物情報